トップページ 自作PC組立講座 データケーブルの取付

ケーブル類の配線

スポンサードリンク

取付の概要

機器の取付が一通り済んだら、各機器への電源とデータケーブルの配線を行う。基本的にはどれも挿さるようにしか挿さらないようにはなっている。注意事項としては、配線がごちゃごちゃにならないように整理しながら配線するということ。

ハードディスクの配線

IDE機器の接続にはIDEフラットケーブルを使用する。
見たとおり、3個のコネクタがあり、一方をマザーボードへ、そしてIDE機器は2個まで接続できる事が分かる。最近は下のようなスリムなタイプもパーツとして売られているので、これを使えば取り回しが楽でエアフローの向上にも貢献するのでおすすめ。

まずはハードディスクにIDEケーブルを接続する。コネクタには向きの誤り防止のための突起があり、それを合わせれば間違いは起こらない。1本のケーブルで2台のIDEハードディスクまたは光学ドライブが接続できるようになっている。

ケーブルのコネクタのもう一方をマザーボード上のIDEコネクタ部へ接続する。マザーボードには2つのIDEコネクタがあるが、マザーボードによってどちらか一方の方が高速という場合がある。その場合はハードディスクの接続に高速な方のコネクタを使用するとよい。今回使用しているマザーはどちらも同じだった。

IDEハードディスク接続完了の図

これはS-ATA用のケーブル。IDEと比べて非常にスリム。ただ見たとおり1本に対して接続できるハードディスクの数は1つ。

ハードディスクへの接続は向きを合わせて差し込むだけ。

ケーブルのもう一方をマザーボードのS-ATAコネクタへ接続して完了。

光学ドライブの配線

続いて光学ドライブの接続。
使用するケーブルはハードディスクと同じIDEケーブル。ちなみに1本のケーブルで光学ドライブ1台とハードディスク1台を同時に接続しても何ら問題はない。その場合はハードディスクをMASTERに、光学ドライブをSLAVEに設定。

2台のドライブを取り付けている場合はこのように配線。

そしてマザーボードへ接続する。

フロッピードライブの配線

フロッピードライブは専用のケーブルを使用する。
IDEケーブルとよく似ているがピン数が少ない。

ケーブルをFDドライブへ配線。向きがあるので注意。通常はコネクタに向き誤り防止の突起があるが、無い場合は1番ピンの位置を合わせる。オス側メス側共に、よく見ると隅の1本に矢印で1番ピンの位置の表示があるのでそれを確認。

そしてマザーボードへ接続。コネクタはIDEコネクタの隣の場合が多い。これもコネクタの向きに注意。