トップページ 自作PC組立講座 ドライブ類の取付

ケースへのドライブ類の取り付け

スポンサードリンク

取付の概要

フロントパネルに配置する各ドライブ類の取付を行う。光学ドライブにはDVD-RWやDVD-RAM、CD-Rなどさまざま存在するが、取り付けに関してはどれも同じ。

取り付け方は全面より挿入し、サイドからネジ止めが基本となり、取り付け方法としてはハードディスクと同じと考えればよい。ドライブがIDE(ATA)接続の場合はハードディスクと同じくジャンパ設定が必要になる。

ドライブ類の取付手順

IDE接続の場合、光学ドライブもハードディスクと同様にジャンパ設定が必要。今回は2台の光学ドライブを取り付けるのでそれぞれMASTERとSLAVEに設定する。写真はMASTERに設定したところ。

ちなみにハードディスクと光学ドライブを同じケーブルで接続し、それぞれMASTER、SLAVE設定することも可能。

ドライブにジャンパ設定の仕方が表示されている。

光学ドライブは5インチベイに取り付ける。
通常のケースの場合、フロントパネルを外し、ベイのフタを取り外す。そして内部には金属のプレートでフタがしてあるが、手でねじれば取り除ける。

フロントパネルを戻し、全面より光学ドライブを挿入する。固定はハードディスクと同じでサイドよりのネジ止め。
今回使用しているケースのようにワンタッチ固定の物もある。

今回は5インチベイにDVD-R/RWドライブとCD-R/RWドライブ、フロッピードライブ、そして3.5インチベイにカードリーダーを取り付けた。フロッピードライブは本来3.5インチだが、このケースの場合、3.5インチベイが一つしかないため5インチベイへの変換マウンタを使って5インチベイへ取り付けた。3.5インチのドライブ取付方法も5インチドライブと同じ要領。