トップページ 自作PC組立講座 拡張ボードの取付

拡張ボードの取り付け

スポンサードリンク

取付の概要

マザーボードに差し込むことでインターフェースや機能を付加してくれる拡張ボード。
マザーボードにグラフィック機能がない場合はグラフィックボードの取り付けが必須になる。
取り付けは至って簡単。ここではグラフィックボードで説明する。

拡張ボードの取付手順

拡張スロットはいくつか規格があるが、最近の主流はPCI-Express。グラフィックボードはPCI-Expressのx16というタイプを使用し、写真では黄色く、長い物がそれにあたる。一世代前のAGPもまだまだ多いが、取り付け方に関しては全く違いはない。

まずはケースの拡張ボード増設部分のフタを取り去る。
普通はネジ止めしてあるが、このケースのようにワンタッチの物もある。

そして拡張ボードをコネクタに差し込む。最後までしっかりと。少しでも浮いていたりすると認識されなかったりする。

差し込んだら、抜け防止用のストッパーを起こし、ケースにネジ等で固定して完了。
ちなみに他のボードも取り付ける場合はグラフィックボードから遠いところに取り付けるのがよい。グラフィックボードはかなり熱を持つので、出来るだけ回りは空けておきたいからだ。

ここまでで一通りの組み立て作業が完了し、物理的には完成となる。この後、OSのインストールを行う。