トップページ 自作PC組立講座 ハードディスクの取付

ケースへのハードディスクの取り付け

スポンサードリンク

取付の概要

マザーボードをケースに固定したら次はドライブ関係を取り付けしていく。まずはハードディスク。ハードディスクは3.5インチのシャドウベイに固定する。位置的にはケース前方下の方。後方からハードディスクを入れ、サイドからネジ止めする。ケースによってはネジ無しでワンタッチで固定できる物もある。

なお、配線に関してはこの他のドライブも全て取り付けてからまとめてやるのがいい。先に配線をやってしまうと配線が邪魔になり、他のドライブの取付がしにくくなるからだ。

また、最近はハードディスクの接続インターフェースがIDEからS-ATAに移行しつつある。S-ATAではジャンパ設定の必要がないので楽だ。

ハードディスクの取付手順

IDEのハードディスクの場合、まずジャンパ設定が必要。
IDEの場合は普通、設定の仕方を表示したシールが貼ってある。無ければマニュアルを参照。

IDEコネクタ1つに対しては2台のハードディスク(もしくは光学ドライブ)を接続出来るが、それぞれジャンパ設定をマスターとスレーブにする必要がある。1台のみの場合はマスターに設定。ジャンパピンに対してのジャンパの配置によって設定を変えられるのだ。写真はこのハードディスクの場合のマスター設定。この配置は規格などではなく、ハードディスクによって違うので要確認。

ジャンパ設定が出来たらハードディスクをケースに取り付ける。このように後ろから入れる。

このケースの場合、固定はネジではなくサイドに固定具があり、これを奥にスライドさせることによって固定できる方式。

ちなみに一般的なケースの場合、このようにネジ止め。片面だけではなく、反対側もネジ止めが必要。通常、片側2個の両側で計4個のネジで固定する。

今回はこのように2台のハードディスクを取り付けた。片方はS-ATA。
複数のハードディスクを取り付ける場合、ベイの空きに余裕がある限りは写真のように離して取り付ける方がよい。ハードディスク自体は結構発熱するので、離した方が冷却に有利となる。