トップページ 自作PC組立講座 電源ケーブルの取付

電源ケーブルの配線

スポンサードリンク

取付の概要

各機器への電源供給には、電源ユニットから出ているコネクタを使用する。接続する機器によってコネクタの形状も違ってくる。

各機器へ電源ケーブル接続

これが電源ユニットから出ている様々な電源コネクタ。

これはIDE機器などに主に使われるタイプのコネクタ。

これはS-ATAハードディスク専用のコネクタ。

まずはIDE機器に電源を接続。
写真は光学ドライブへ電源を接続するところ。

ハードディスクも同様に接続。
写真ではIDEとS-ATA両方配線したところ。

これはFDD専用の電源コネクタ。

コネクタをFDDへ接続する。

ケースファンへも電源を接続する必要がある。
このファンの場合はIDEと同じコネクタを使用するが、通常はもっと小さいコネクタを使用する場合が多い。

フロントパネル関係コネクタの接続

マザーボードの右下にある、フロントパネルのコネクタを接続するピン端子。

これがフロントパネルの配線コネクタ
それぞれ何のコネクタか表記がしてある。

マザーボードのマニュアルにはこのように接続の仕方が書かれているので、参照しながら間違えないように配線する。

配線が完了したところ。
下の方にある白いコネクタはフロントパネルファンのコネクタ。左に見える端子へ接続する。

メイン電源の接続

最後にマザーボードへのメイン電源の接続をする。写真は電源ユニットから出ているメイン電源コネクタ。

このコネクタをマザーボードへ差し込む。抜け防止のツメが引っかかるまでしっかりと差し込む。

最近のマザーボードは、従来のメイン電源コネクタに加えて4ピンの補助電源コネクタを挿す必要のある物が多い。これの挿し忘れで起動しないケースはありがち。