トップページ パーツ基礎知識 拡張ボード

拡張ボードの基礎知識

スポンサードリンク

拡張ボードとは?

拡張ボードは、マザーボードの拡張バススロットに差し込む事でPCとしての機能を拡張させることが出来る基盤。基本的にはインターフェースを増設することで接続出来る機器を増やすための物と考えればよい。

最も一般的なのはグラフィックボードやサウンドボード。それぞれ映像と音声の機能をPCに付加させる事が出来る。インターフェースボードではSCSIやUSB、IEEE1394、LANなど。他にはTVチューナーボードを付ければPCでテレビが見られたりする。

しかしサウンドボードやLAN、USBなどは最近はほとんどマザーボードに標準でその機能を持たせてあり、性能にこだわらなければ特に拡張ボードは必要なくなってきている。


さまざまな拡張ボード

最低限必要な拡張ボードは?

一昔前ならグラフィックボードとサウンドボード、後は必要に応じてLAN。といったところだったが、現在ではサウンドボードとLANはマザーボードにほぼ標準で内蔵されているのでグラフィックボードくらい。グラフィックボードも最近は内蔵のものが多い。

グラフィックに関しては、インターネットをするくらいの用途ならなんでも良く、オンボードでも十分。しかし3D表示などにはかなりの性能を要求するのでゲームをする人にとってはグラフィックボードにはお金をかけなければいけない
しかし気をつけなければならないのはグラフィック処理にはメモリが必要であるということ。グラフィックボードは専用のメモリを搭載しているが、オンボードの場合はメインメモリを間借りする。つまり、メモリ容量が食われて、システムで使えるメモリ容量がその分減るということ。
なので、グラフィック性能を要求しない場合でもオンボードは避けてグラフィックボードを別途付けるというのもひとつの選択。この場合はなんでもいいが、nVidiaやATIなど、それなりに名の通ったメーカーのチップを搭載していれば数千円程度の物で十分である。

最近は一枚のグラフィックボードに複数の出力コネクタを持つ物が多いが、その中にも複数のモニタを同時接続して、分割表示によってデスクトップを広くとる、デュアルディスプレイという技術に対応した物がある。そういった事がしたいなら対応品を選ぶ必要がある。

拡張バスの規格

PCI-Express
PCIにかわって登場した規格。拡張バスとしては従来のパラレル転送方式ではなくシリアル転送となる。速度によってx1~x16までいくつかの種類があり、それぞれコネクタ幅が大きく異なる。
PCI
まだまだ現役だが、既に一昔前の規格となりつつある規格。データ転送速度は133MB/s
CPUやメモリの高速化によって相対的に速度が遅くなっており、後継規格としてPCI-Expressが登場している。ATXの場合、4~6本程度のPCIバスが装備されている。

AGP
グラフィックボード専用のバスとして、ほとんどのマザーボードに1つ装備されている。
グラフィック表示、特に3D表示にはかなりのデータ容量が必要なので、グラフィックボード自体に専用メモリを搭載するが、PCIでは速度的に無理があるのでPCIとは独立して制御されているのがAGPである。しかしPCIと同様、現役を退きつつあり、後継としてPCI-Expressのx16のグラフィックボードが多く出回っている。AGPのデータ転送速度は登場初期の物で266MB/s。現在はAGP 8xと呼ばれる8倍速の2.13GB/s。

ISA
PC用としては現在では姿を消したが、PCIの前に主流となっていた規格。転送速度は8MB/s。

Cバス
PC-9800シリーズで使用されていたが、現在では存在しない。転送速度は10MB/s。