トップページ 自作を始める前に 自作のメリット

自作PCのメリット

スポンサードリンク

アップグレード時に安価

自作のメリットとして一般的なイメージとしては安く仕上がるということだと思うが、本当にそうか?実際にメーカーの既製パソコンと同じ性能で自作してみると、意外と高くつくことに気が付く。

パソコンの性能進化は非常に早く、最新機種を購入しても3年もたてば性能的に苦しくなり、インターフェース等の規格も次々新しくなる。3年ごとに10万以上もするパソコンを買い換えるのは結構辛いはず。

ここで自作のメリットが現れる。必要なパーツのみ買い換えることができるからだ。CPU、マザーボード、メモリ。速度に不満が出れば、この三つさえアップグレードすれば処理能力としては最新。3点で5万もあればそこそこ高性能なものが作れてしまうだろう。

ハードディスクなどはこれらとセットで考える必要はなく、容量に不足を感じたときに都度、買い換えもしくは買い増しする。ケースやディスプレイ、その他拡張ボード、CD-ROMなんかは不満がない限りそのまま使用。

初期投資を考えると自作もメーカーも大差ない、むしろ高くなるが、アップグレードの気軽さが自作のメリットなのである。

パーツ選択の自由度

言うまでもなく、自作するには全てのパーツを自分で選ばなければならない。逆に言うとメーカーPCはある程度のラインナップはあるものの、パーツは固定で選べないと言える。

自作PCの場合、まず使用するCPUを決めたら対応のマザーボードより性能、機能で目的に合う物を選ぶ。先の事も考えてメモリは余裕の1GBは欲しいなあ。動画をたくさん保存するからハードディスクは300GB。とまあここまではメーカーPCでもラインナップで選択の余地がある。

自作の場合、他に必ず必要となるのがグラフィックボードやサウンドボード。この辺はメーカーPCは必ずケチっている部分だ。スペック表には出ない部分だから。

だがそこは用途によっては是非こだわりたい部分。グラフィックボードは、ゲームをする人にとっては確実に性能の良い物が必要になる。普通用途でもモニタの発色、解像度に違いが生まれ、デュアルディスプレイ対応品もあったり。

サウンドボードは当然性能の良い物は音も良いし、入出力に光端子もついていたり、外部音源をつなげたり、特にDTMをするような人にとっては必ず重要視しなければならない部分だと思う。

モニタもとにかく映ればいい、安く済ませたいなら15インチCRTなんて選択も可能。スピーカーなんかはメーカーPCでは音質的には確実におまけ程度の物しか付けていないはずだ。

このように、ありとあらゆるパーツをそれぞれ自分の用途に合わせて自由に選べるところが自作のメリット。こだわろうと思えば徹底的にこだわれる。安く済ませたければそれも可能。自分の用途に合わせて充実させる部分と捨てる部分を選べるわけなのである。

パソコンの構造が分かる

当然、自分で組み上げるのだから基本構造がわかる

実際、パソコンの中身なんてかなり単純なもの。それぞれのパーツが線でつながっているだけ。これで自作と呼ぶのはどうなのだろうなんて思えてくる。「自作」と呼ぶより「組み立てパソコン」と言う呼び方がぴったり来るように思う。

まあそれはいいとして、構造が分かっていればある程度のトラブルは対処できるようになる。例えば突然モニタが映らなくなった、となった場合、普通の人はとりあえずモニタを修理に出そうと考えるはず。

だがモニタが映らない理由にはそれ自体の故障に限らない。単純に電源が抜けていたというのは置いといて(これが結構多かったりするのだが・・)

例えばグラフィックボードが抜けかかっていたと言う場合。拡張ボードという物はしっかり挿さっていないと、微妙に浮いているような状態でもちゃんと認識しなくなる。何かのショックで少し浮いてしまうなんてことは十分あり得るのだ。

最近はストッパーが付いているのでそういうことも無くなったが、モニタがどこにどういう風につながっているかを知っていれば、最低限の確認は出来るはず。

なにか不具合が起こったとき、少なくともある程度の原因特定は出来るようになっておけば、高い送料を払ってパソコンごと送る様な事をしないでも、悪い部品だけ修理に出すことが出来る。そう高い物でなければ買い換えて自分で交換してしまうなんて事も当たり前に出来るのだ。

拡張性

市販のマザーボードは拡張ボード取付用のスロットが比較的たくさん付いている。この拡張スロットの持つ可能性は自作PCの醍醐味と言える。

マザーボードも年々進化し、新しいインターフェースなんかも次から次へと登場し、いちいち追っていられないのが現実。

しかしこの新しいインターフェースも拡張ボードでカバーできてしまうのだ。

たとえば比較的新しいインターフェースとしてはIEEE1394やUSB2.0、シリアルATAなんかがあるが、これらも全てインターフェースボードを使用すれば古いパソコンにでも付いてしまう。

他にもTVチューナーボードを付ければTVは見られるし、キャプチャボードがあれば動画取り込みも可能。ミュージシャンならサウンドボードにこだわれば自宅でも高度なレコーディングが可能になる。

その他あらゆる便利な拡張ボードが各社から出ており、自作PCはまさに魔法の箱と言ったところなのだ。